世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

三菱東京UFJ、国際送金効率化へ「仮想通貨技術を活用」

仮想通貨

三菱東京UFJ、国際送金効率化へ「仮想通貨技術を活用」
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

東京三菱UFJ、米欧豪大手6銀行と提携し国際送金効率化へ

米ベンチャーのリップルの技術を活用

三菱東京UFJ銀行は、2018年から仮想通貨のの中核の技術であるブロックチェーン技術を活用した、国際送金サービスを開始すると発表がありました。
アメリカのバンクオブアメリカなど米欧豪大手6銀行と連携するとのこと。

アメリカのベンチャーであるリップルが持つ技術を活用し即時決済が可能となり、高止まりしていた送金手数料も引き下げる見通し。
リップルによると、新サービスには合計90行程度が参入する見込み。

ブロックチェーンという次世代型の送金システムで、利便性を高めめるのが狙いのようです。

ブロックチェーン技術を用いることで低コスト化

ブロックチェーン技術を活用することで、これまで銀行が多額の費用を投じて維持・管理してきた頑丈なシステムを使用することなく、管理することが可能となります。
大規模なサーバーなしで低コストでシステムを開発することができて、高度な暗号技術で情報を改ざんを防ぐことができます。
銀行間の取引も一段とやりやすくなることでしょう。

中継銀行や情報仲介機関が不要になる

現在の国際送金は、国際銀行間通信協会(情報仲介機関)を通じてやりとりをしており、複数の中継を通り送金されていました。

しかし、ブロックチェーン技術を活用すれば中継銀行を通さずに即時決済が可能となり、着金の情報確認も容易になります。
中継銀行を通らないことで、送金手数料も安く抑えることができ、煩雑な手続きを省き、運営コストも低くなり、結果として、顧客の支払う手数料も安くなる見込みです。

海外送金手数料は1件3000~5000円程度だといわれています。

また海外送金の決済に日数を要し、後日になってから送金先の銀行から手数料を要求される場合もあるといいます。

銀行の既得権益を侵食

ブロックチェーン技術を活用した送金は、銀行の巨大システムを介した送金の寡占による高い送金手数料収入を自ら崩すことになります。

ただ、いずれはその方向に進むことが予想されるため、新勢力が参入してくる前に、導入に踏み切ったという防衛的な側面が大きいと言えるでしょう。

今後、ブロックチェーン技術を活用すれば送金にかかるコストやシステム開発・管理等に係るコストや事務処理上の簡素化等が進むことでしょう。

個人的には、そこにぶら下がっている雇用や利益は削減していく流れになると考えています。それは銀行だけの問題ではありません。さまざまな分野で波及していくことでしょう。
我々はしっかり時流を読み的確に動けるように日々準備していきたものです。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録