「NOAHコイン(ノアコイン)」も詐欺?国家プロジェクトではない?

仮想通貨

「NOAHコイン(ノアコイン)」も詐欺?国家プロジェクトではない?

フィリピン中央銀行が否定「国家プロジェクトではない」

在日本フィリピン大使館が、インターネット上で事前販売されているという「ノアコイン」に関して、間違った情報が流れているとして警鐘をならしました。

在日本フィリピン大使館は、フィリピン中央銀行・証券取引委員会に確認したところ、「国家プロジェクトではない」という回答だったとのことだ。

しかも、ノアコインを運営しているノア・ファンデーションおよびノア・グローバル社には事前販売する権限を有しておらず、さらに会社登記簿上の住所は実際には存在しないことなどが分かりました。

すでにプレセール1期終了 20億以上の売り上げか

ノアコインは大々的に宣伝され、代理店契約された方も多かったようです。そのおかげか第1期のプレセール目標額は軽く売り上げたといわれています。

その影響ですでに多くの方がノアコインを購入してしまったものと思われます。

しかし、

これは「国家プロジェクト」という言葉の受取り方では?と思う側面もあります。

「国家の」と聞かれれば、政府主導の「政策」ではない。という意味でフィリピン中央銀行はじめ証券取引委員会が回答したと思われます。

つまり、政府の重役やフィリピン航空、財閥が絡んだ大きなプロジェクトであって、まさに「国家的規模」のプロジェクトではあるが、政府が行っている「政策ではない」ということになります。

ということは、特にノアコインのプロジェクトに関してはかなり大きなプロジェクトに相違はなく、コインの必要性も揺るぐものではないかもしれない、と私は思うわけです。

とはいえ、このたびの報道による風評被害によってノアコインの売り上げは激減することが予想される。プレセールも残り3期売り抜けるかが勝負どころだと思われます。
今回の報道を払拭するインパクトあることをしないと挽回は難しいかもしれない。

今回のノアコインは仮想通貨への「投資案件」として最近はとてもメジャーであったが、実際はフィリピンという国の送金問題(出稼ぎ労働者がフィリピンに送金する際の手数料が膨大になっている問題)を解決し、フィリピンペソを救う新通貨としての使命がノアコインにはあります。

フィリピン政府のオフィシャルのプロジェクトではないにしろ、かなり大きな財閥や航空会社まで動いている大プロジェクトであるため、今後の動きがかなり気にまるところではあります。

1
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ